事業案内|ひしだい製茶

ホーム > 会社情報 > 工場紹介

工場紹介

ひしだい製茶は日本一の茶処、静岡県の西部に位置する緑豊かな袋井市の山中にあります。 工場では、ほうじ茶・煎茶・玄米茶はもとより、多様なティーバッグ茶や粉末茶の製造を行っています。また、有機JAS認定工場ですので、有機栽培茶の製造も可能です。お茶の成分分析や新たな商品開発を行う研究施設も備えています。

製造工程
原料仕入れ
各茶産地の製茶工場で、生葉から蒸す・揉む・乾燥の段階まで加工されたお茶「荒茶」を仕入れます。 仕入れた荒茶は品質管理部門にてチェックされ、厳選された原料のみの仕入れを行います。
分別
荒茶のままでは形が不揃いです。
茶葉の長さや太さを分別する為に、篩にかけ見栄えのよい形に整えます。
選別イメージ
選別
葉や茎、粉が混ざっている荒茶を色彩選別機や風力選別機にて分けます。
乾燥イメージ
乾燥
茶葉に含まれている水分をとばし1〜2%程度まで乾燥させます。十分に乾燥させることにより保存性を高めます。
合組(ブレンド)イメージ
合組(ブレンド)
お茶は農産物なので、年によって産地が同じでも同様の品質が出来てくるとは限りません。
合組み加工では同じ品質の商品を提供する為、様々な種類のお茶の中から茶師が選定し味・香りが均一になるようブレンドします。
ほうじ焙煎
ほうじ焙煎
ほうじ茶の場合は、ここで焙煎行程が入ります。
合組みされた茶葉を高温で焙煎します。
ひしだい製茶では職人によるこだわりの「炭火焙煎機」と大量生産が可能な「ガス焙煎機」があります。

異物除去イメージ
異物除去
金属探知機、目視により異物除去を行います。
基本的にパッケージ商品全ての原料に行います。
各工程へイメージ
各工程へ
袋詰め以外に、缶詰加工、ティーバッグ加工など商品仕様に合わせ各工程へ進みます。
品質チェックイメージ
品質チェック
商品規格に合わせ、官能検査や成分検査、菌検査等を行います。
品質チェックイメージ
出荷
全国各地の出荷先へ商品を発送しております。